転職理由がいいか

どのような転職理由がいいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を思い出してください。そのままストレートに言うわけではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように表現方法を工夫してください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳しているように受け取られるので、長くなりすぎないようにしましょう。転職する理由は、書類選考や面接において大変重要なことです。相手に納得してもらう理由でないと評価が下がります。ところが、転職する理由を聞かれても答え方がわからない人も多いと思います。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、悩まされるのが、この転職理由になります。辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「新しい職場で成長したい」という表現にすれば問題はないでしょう。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じさせるられるようになります。履歴書には150文字から200文字で書くのが理想です。焦燥感に駆られながら転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果、転職前よりも収入が悪くなることもよくあります。それでは、一体何のために職を変えたのかわかりませんね。年収アップにこだわるのであれば、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。転職しようとする場合に有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。 “転職理由がいいか”の続きを読む